全国の鉄道ファンの皆様、お待たせしました!

今回は長編記事です。

 

私が名古屋を発ち向かった先は、京都府宮津市の天橋立でした。

天橋立には西国巡礼地28番の成相寺がありまして

お寺探訪で丹後へ行くなら

近くを走る観光列車「くろまつ号」に乗ってみようということになりましてね。

 

「くろまつ号」は京都丹後鉄道が運行する観光列車三兄弟のうちのひとつで

工業デザイナーの水戸岡鋭治さんが手掛けた車両なんですよね。

車内でランチを楽しみながら天橋立〜西舞鶴まで約2時間かけて走行します。

 

 

 

 

 

 

 

駅を発車してすぐに地場産のワインがふるまわれます。

丹後といえばワイナリーがありますもんね。

そしてなんとこれ飲み放題なんです!

 

 

 

 

 

 

ここでアラフォー世代には懐かしいアニメソングを(笑

私は小学生の頃「銀河鉄道999」で生きることの辛さや無常感、そして素晴らしさを学びました^^)

大人になった今この曲を聞くとなぜか泣けてきます(爆

 

 

 

 

風光明媚な奈具海岸につくと列車も停車し、

深く青く澄んだ栗田湾を愛でながら食事やお酒を楽しめます。

さすが日本海、群青に広がってとても美しい!

写真をクリックするとFlickrにジャンプしますので

ぜひ見てみてください〜

 

 

 

 

料理も前菜からスープ、メインのローストビーフ重など

次から次へと登場し、写真を撮っているどころではありません(笑

列車の旅とは思えないくらいにバラエティーがあり、どれもとても美味しかったですよ♪

 

 

 

 

 

 

この料理、ワンパターン化することを避けるため

時季によりメニューを変えているらしいんですね。

何度でも乗りたくなっちゃうなぁ^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹がいっぱいになったところで

観光最大の見せ場、由良川橋梁が近づいてきました!

撮り鉄は車両の先頭に駆け寄って、かぶりついて撮影に没頭します。

↓かぶりついてます(笑

 

 

 

 

私も撮り鉄の血が騒ぎ、かぶりついてカメラのシャッターを切りました!

う、うつくしい…こんな美しい車窓風景が丹後にあるなんて!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋梁を抜けてしばらく走り、

スルスルと東雲駅のホームに入って停車しました。

ここでは地元の方々がお菓子や雑貨などを販売するマルシェがあるんですね。

 

 

 

 

マルシェはささやかでしたが、皆優しい人たちばかりで心がほっこりとしました。

お土産を買って地元の人と会話を楽しみました^^)

 

 

 

 

そうこうしていると終着駅の西舞鶴に到着です。

2時間もあっという間で、グルメと景色を充分に楽しめたとても楽しい列車旅でした♪

 

車を天橋立駅に停めてあったので戻らないといけないのですが

折り返しの電車がすぐにやってこないので40分程西舞鶴駅で休憩。

 

普通電車で天橋立に帰ってきたところ、

ホームに兄弟の「あおまつ号」が停車していて、夕映えになんともフォトジェニックな光景でした。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

4月から料理もコースもガラリと変わってランチは和食になるようです!

詳しくはホームページをご覧ください。

 

丹後くろまつ号のHP☞ホームページ

 

 

 

 


より大きな地図で Hoshigaoka Walker 散歩&食べもの探訪map を表示

 

 

 

 

  • 2020.07.05 Sunday
  • -
  • 21:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
こんにちは♪

これはすてき!!!!
私は「犬が死んだら、やることリスト」というのを作ってます。
いつかいなくなるなら、それまでは彼を優先にすることにしました。
コレは間違いなくリスト入りですね^0^

そういえば・・・
ABCマートだったところの隣→NATURAL BEAUTY BASICの予定と告知されてますが、
NATURAL BEAUTY BASICの合った場所はどうなるんだろう??
と思っていたら、mother house(革製品)が移動してお店拡大するらしいです。
なんだかどこも少しずつ移動してますけど、
新店の予定はないんですよね~やっぱり景気悪いのですかね・・・
★ありがとうございます、こんばんは!

ワンちゃんと一緒に乗れる観光列車とかあれば面白いかもしれませんね♪
最近はペットと一緒に旅をする方も多いようですし
結構需要があると思うのですけどね〜。

近場の観光列車ですと長良川鉄道が人気のようです。
日帰りできますのでご夫婦やご家族で楽しまれてみてはいかがでしょう。

そうそう、テラスも春に向けてリニューアルするようですね。
集客力あるお店を路面に再配置する感じなのでしょうかね?
マザーハウスさん、よい製品でお値打ちなので好きなんですよ。
店舗拡大は大変嬉しいです^^)v
  • hoshigaoka→shiba_yama様
  • 2019/03/12 22:39
へ〜、こんな列車が走っているのですか。
美味しい料理を食べながら、美しい景色を堪能する・・・いいなあ♪
まるで、クルーズ船旅行のミニチュアバージョンのようですね。
京都って、意外に行ったことがない場所です。

双子の弟が同志社に行ってた頃は、よくあいつの下宿に遊びに行きましたが、かれこれ40年前の話です。(;・∀・)
その後、京都はほぼ行ってないですね。
というか、国内旅行って、よく考えたらあまりしてないです・・・

私も軽いトリテツではありますので、そのうち、こういう鉄道旅行もしてみたいですね♪
★ありがとうございます、こんばんは!

天橋立から西舞鶴まで美味しい列車旅をしてきました!
京都丹後鉄道のくろまつ号は「走るダイニング」とも言われ
列車の中とは思えないほど料理やお酒を楽しめます。
景色もフォトジェニックで
青く澄んだ日本海がとても綺麗で夢中でシャッターを切りました♪

同じ京都でも市街地と全く景色が違うのが面白いですね。
観光客もほとんど日本人で外国人は見かけませんでしたよ(笑

最近は観光列車がブームみたいでして
九州の「ななつぼし」や、山陰の「瑞風」も人気があるようです。
是非機会ありましたら鉄道旅行を楽しまれてみてください^^)/
  • hoshigaoka→黒顔羊様
  • 2019/03/14 21:50





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

[No♪ No♥] Rhapsody In White (1974) -Love Unlimited Orchestra

ご近所&お出かけツイート

未来少年コナン#8「逃亡」解説

ついに完結!『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』徹底解説 初級編

サイマルラジオ

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR