先週、豊田市まで行ってきたのは

豊田市美術館で開催中の「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」を観るためでした。

 

鑑真和上を祀った奈良唐招提寺の御影堂は

1年に3日間しか拝観できない聖域でありまして

その中に、東山魁夷氏が描いた壮大な襖絵が多数奉納されています。

 

それがこの度、御影堂の耐震修復工事が始まったのを機に

襖絵が外されて全国を巡回してるんですね。

 

 

 

 

私は4年前に御影堂を拝観していまして

国宝 鑑真和上座像の背後にある「濤声(とうせい)」にとても感動しました。

 

それはただ絵画的に美しいだけではなく

何度も挫折し、失明しながらも日本へたどり着いた鑑真和上の高い志が

厳しくも凛とした荒波から、ひしひしと伝わってくる作品でした。

 

 

 

 

美術館では、細部にいたるまでじっくりと観覧することができました。

お寺ですと礼拝が目的になるので、気が済むまでというわけにはいきませんもんね。

 

「濤声」からは海の音が聴こえてきますし、

「山雲」では山から降りてくる空気を肌で感じることができました。

 

豊田美術館での展覧会は6月11日までとなっています。

皆さんも豊田までご覧に行かれてみてはいかがでしょうか。

 

 

豊田美術館のHP☞ホームページ

 


より大きな地図で Hoshigaoka Walker 散歩&食べもの探訪map を表示

 

 

お気づきでしょうが、またブログのスキンを変えてみました!

写真の横幅700pxを維持しつつ、ご近所ツイッターを見やすく表示しようとすると

以前のスキンでは手狭になりまして。

 

ジュゲムのブログって幅広のスキンデザインって少ないんですよ。

なので、このガーリッシュなピンクいデザインもちょっと改造して幅を広くもたせてあります。

なぜか既成のデザインではヘッダーを横に伸ばせないので、バランスがおかしいですが。

嫌になったらエキサイトに引っ越そうかなと(笑

 

もう一つのブログ「西国巡礼手帖」は、なんとか幅広に成功しました♪

こちらには西国ツイートを搭載させました^^)

 

 

さて、本題です。

先週、豊田市美術館まである展示会を観に行ってきまして。

その道中、豊田市拳母にあります「ニューヨークパパ」さんでランチしてきました。

 

ニューヨークパパさん、私が学生の頃に度々訪れた思い出の場所でしてね。

クラスの友達が豊田に住んでたので、遊びに出かけてはここで食事したりして。

 

その頃は岡崎店もありまして、そちらは岡崎のゼミ仲間とよく利用してました。

現在は岡崎店はなくなり、「桜moon」さんというお店になってます。

 

どちらもコンクリート打ちっぱなしの大箱で

結婚式の二次会に使われたりする素敵なお店なので、強く印象に残っています。

 

 

■今月のサービスランチ ¥1270

(三河鳥もも肉と野菜のグリル、ガーリックバターと三河湾産黒鯛のハーブパン粉焼きトマトソース)

 

ワンプレートに鳥と魚料理が同居して、ちくわの磯部揚げまで乗っています♪

スープバーとドリンクバーが付いてこの値段ですから、CP良すぎですね!

パンにしてみましたがライスも選べますよ。

 

 

卒業してから相当の年月が過ぎましたが

ニューヨークパパさんはあの頃のままでした。

ホッとするような、しみじみとするような…

 

ってことで

今日のBGMはブレッド&バターさんの「あの頃のまま」

1979年の古い歌ですが、作ったのは呉田軽穂、そうユーミンです。

私の人生とリンクするような歌詞なので、聞くたびに感傷的になります。

 

 

 

豊田市栄町7-45
☎0565-34-4826
11:00-23:00
年中無休

ニューヨークパパさんのHP☞ホームページ

 


より大きな地図で Hoshigaoka Walker 散歩&食べもの探訪map を表示

 

 


紅葉にはまだ早かったのですが、香嵐渓を散策。

まだ夏を思わせる強い日差しも健在。

キラキラとした光線がとても綺麗でした♪








飯盛山の太子堂。シーズン終盤になると一面紅い絨毯になります。



白飛び、黒潰れはコンデジ品質^^;
でも味があって案外好きなんです。

 










こちらは、三州足助屋敷。 懐かしき昭和の良き風景に出会えます♪


気持ちよいほどにフレア全開!!


金髪のようなものは和紙の原料です。


軒下の暗部がギリギリ見えるかな?







 

 

そして是非紅葉シーズンに参拝したい香積寺
時期になると、山門から見る風景がことさらフォトジェニックなんです!

 


以前伺った時には
山門の真ん前に三脚を立てて、
何十分も粘って写真撮ってたオッサンがいましたけど
人混みだらけのシーズン中、無人になる瞬間をず〜っと待たれても。。
囲りの人の順番もあるのでサッサと撮りましょうね^^)


 


香積寺のご本尊様は聖観世音菩薩なんですが
眷属であられる毘沙門天像も祀ってあります。
お寺の方に写真もどうぞとおっしゃっていただけたので撮らさせていただきました。





毘沙門天の使いがムカデなんですよね。
なぜか最近ムカデの夢を見るようになったのはご縁があるのかな?
夏には家の中にとうとう本物のムカデまで現れるようになりました(笑
星が丘に住んで何十年になりますがムカデを見るのは初めてでビックリ^^;

 

 

 

 

シーズン中、夜間のライトアップもされる香嵐渓。

見どころいっぱいなので是非遊びに行かれてみてください。

リニモの八草駅からも足助行きのバスが出ているそうですよ^^)
 

 

足助観光協会のHP☞ホームページ





 


より大きな地図で Hoshigaoka Walker 散歩&食べもの探訪map を表示

 

 


塩の道づれ家さんで蕎麦を堪能した後に向かったのは
和洋菓子の「かゑで本舗加東家」さんです。

実は2月の「中馬おひなさん」の時に伺った時には
お目当てのスイーツが売れ切れだったので
今回も心配だったのですが、すんなりゲットできました^^)

それでも、前日に中京テレビの「PS純金」で紹介されていたせいか
お客さんの行列ができてましたけどね。

いただきましたのは
■焼きプリン ¥265
■レアポテト ¥200~ グラム売り
 

 

店内にイートインスペースがあるのですが

行列のすぐ隣で食べにくかったので、香嵐渓方面へ移動して試食タイム♪
 

 

1日500個限定のレアポテト、これ美味しかったですよ!

さつまいもを裏ごしし、生クリームと合わせてブリュレ風に焼き付けたものなんですが

表面はパリッと中はポテトの甘みとクリームのコク♪
手づかみだと少々ベタついて食べにくいのですが、リピート必須の逸品です。

 

この他、加東家さんでは伝統的な和菓子も販売されていて

次回は米粉で餡を包んだ「かゑで」を食べてみたなと思っています♪

 

 

 



愛知県豊田市足助町本町4
☎0565-62-0168
8:00-20:00
火曜定休


より大きな地図で Hoshigaoka Walker 散歩&食べもの探訪map を表示


 


昨日、紅葉シーズンにはちょっと早いのですが香嵐渓まで行ってきました!
渋滞もなく、スムーズに昼前に到着。
鰻の川安さんで昼食でもと思っていたところなんと臨時休業(涙

ということで新規開拓〜
開拓と言っても、川安さんのすぐ隣の蕎麦屋の「塩の道づれ家」さんでして
度々テレビなどで紹介されていて気になってたんですよね。
 

 

 

入店すると、なんだかお婆ちゃん家に遊びにきたような雰囲気が。
そう、玄関土間の湿った土の匂いがとても懐かしく感じられたんです。
都心では土間なんて無いですもんね。 これだけでテンションUPしてきます^^)
 

いただきましたのは
■そば定食
・石臼挽き手打ち蕎麦(大盛り)¥1230
・地野菜の天ぷらと小鉢 ¥520
 

 

大盛りを頼んだら、本当に大盛りでした(笑
まるで地元の飯盛山のようにも見えます!
 

かつての塩街道だった足助だけあって
蕎麦つゆの他に「足助塩」と「藻塩」が薬味としてついてきます。
 

昔は三河から集まってきた塩を、
品質を一定にするために足助の問屋でブレンドしてたんだそうですね。
それを「足助塩」と言うのですが、角のある味で少量でもガツンときます。


サイコロのようなものは、蕎麦から作られたほんのりと甘いデザートです♪

 

 




塩の道づれ家さんには中庭がありまして
その端に蔵を改装した特産物のショップがあります。

中には、塩飴や塩を隠し味にしたクッキー、
現代風にブレンドされた塩などが販売されておりまして
私はサラダ用のバジル風味の塩や、ゆで卵に合いそうなマヨネーズ塩を買ってみました♪


紅葉シーズンに香嵐渓まで遊びに行かれてみてはいかがでしょうか。
塩の道づれ家さんの蕎麦もオススメです!



愛知県豊田市足助町西町13-1
☎0565-62-2558
11:00-14:00
火曜定休
 

 


より大きな地図で Hoshigaoka Walker 散歩&食べもの探訪map を表示


 

足助に来て、まず向かったのが鰻の「川安」さん。
界隈に新しい飲食店が増えていて、新規開拓をしようか迷ったのですが
やはりどうしてもこちらに足が向いてしまいます。

12時くらいに到着しましたが、お店前には長い行列が!!
慌てて店先の予約表に自分の名前を書きましたが、あと7食分で終了となるところでした^^;

よくよく調べてみると
川安さんの昼の営業は50食分で完売のようですね。たぶん炊飯の関係もあるんだと思います。

名前は書いたものの、順番待ちで1時間ほどかかったでしょうか。
その間は中馬のお雛さんの散策を楽しんでおりました♪


■うな丼上¥1950
■きも吸¥100

前回より若干値上げされてますが、業界ではまだ良心的な値段だと思います。
鰻が3切れの「かえで」¥1500を注文される方も多かったですよ。

表面はサクッと、身はふっくらな焼き加減が最高!!
食べていて思ったんですが、
川安さんの鰻丼は艶っぽくかかったタレがとても旨いんですよ。

よくタレは少ないほうが良いと言う人もいますが
私は少し多めなほうが好きかも。
秘伝のタレが染み渡ったご飯を一気に口にかき込む、これぞ丼の醍醐味〜♪
きも吸いの肝も焼かれていて美味しかったです。




次回、足助に遊びに行く機会があれば、ランチの新規開拓をする予定でおりますが
また川安さんとどっちにするか悩むんだろうなぁ^^)


豊田市足助町西町14-3
☎0565-62-0644
11:00-14:00
月曜定休




より大きな地図で Hoshigaoka Walker 散歩&食べもの探訪map を表示



 


先週のことですが、
豊田市足助の「中馬のおひなさん」を観てきましたよ。
春先の香嵐渓を楽しむのは初めてかもしれません♪

足助観光協会のHP☞ホームページ facebook
2月ではありますが天気にも恵まれ、肌寒さはそんなに感じませんでした。




雛飾りで一般的なのは、大名の婚礼を模した「段飾り」だと思うのですが
中馬のおひなさんでは、御所を模した「御殿飾り」が多かったです。
昭和20〜40年に流行ったんだそうですよ。屋根の形が独特ですね。




イカ焼きやコロッケを啄みながら
街道沿いの雛飾りをのんびりと見て回るのも楽しいものです♪




途中、
いつもブログでお世話になっています、カメラブロガー「黒顔羊」様に遭遇^^)
奥様やカメラ仲間様にも、突撃的にご挨拶させていただきました(笑




枝に色とりどりの餅をくっつけて花に見立てる「花餅」
高山や美濃地方でもよくみかけますが、この地方の文化なんでしょうか。
これを見るともう春なんだなぁって思いますね。







中馬街道についてyoutubeに動画がありました。
国道153号線、かつては三河湾と信州を繋ぐ塩の道だったんですね。
馬頭観音さまには気がつかなかったけど、次回じっくり見てみよう。





中馬のおひなさんは、3月6日まで開催しているとのことですので
お時間ある方は遊びに行ってみてはいかがでしょうか♪







より大きな地図で Hoshigaoka Walker 散歩&食べもの探訪map を表示





 



今回は思い出のカフェについてお話したいと思います。
その昔、名古屋東部にアルプスの山小屋風のカフェが数店ありました。
どの店も広い空間、高い天井、落ち着いた照明、ピアノ演奏など居心地のよいカフェでしたが
近年になって全て廃業されてしまったのが惜しいですね。


長久手の万博公園から豊田方面へ抜ける国道155号線
とりとめもないドライブの途中によく寄っていた「ロブソン」さんもそのうちの1つでした。

私が免許取り立ての頃、
豊田住みの学友に誘われてMT車のインテグラを運転させてもらったことがあるんですが
夜間の155線って皆結構スピードだしてるんですよね。
後ろから煽られながら、ノロノロと星が丘まで走ったこともあったっけな。汗だくでね(笑

そして今は…
ロッジはリサイクル関連会社のものになり、真っ白に塗り替えられています。
残念だけど、取り壊されていないだけまだ良かったかな。


1997年、
ロブソンさんと並ぶような場所で開業したのがこの「ローズマリーガーデン」さんです。

今回マロンケーキとモカマタリをいただきながら、遥か昔の思い出にふけるのでした。
モカマタリだけにマッタリとね^^)

こちらは分煙されていないのが辛いのですが
大開口の窓から見える田園風景が気持ちよいですね。木々の向こうはゴルフ場なのかな。
155号線を通る機会があれば、また寄ってみたいお店です。


PS.
机の中をガサゴソ探していたら出てきたロブソンのマッチ。
私の机はドラエモンのポケットのように色々なものが出てきます(爆



豊田市花丘町3-8-1
0565-32-3138
8:30-18:00
木曜定休



より大きな地図で Hoshigaoka Walker 散歩&食べもの探訪map を表示




ちょっと少し前のことなんですが、
豊田の猿投方面を散策中、評判の良さげなカフェに初訪問してみることにしました。

ナビをあてにして、お店の近くまでたどり着いたものの看板らしきものは何もなく、
玄関先をウロウロ見回ってみても美容室の表札のみ。

「あ〜、これカフェをやめて美容室になったんだわ。。」と、諦めて引き返そうとした時
足元の低い位置に、小さめの看板を発見!!(笑
こちらの建物は美容室とカフェに分かれているんですね。


お店の中は、カウンター席とテーブル席で10数名分くらいでしたか、
沢山の本と雑誌類、そしてテディーベアちゃんが数体鎮座しておりましたよ^^)

南側のデッキガーデンから燦燦と降り注ぐ陽の光は明るく
暖炉の火で室内はポカポカと暖かい♪
入口の閉鎖的なイメージとは全く逆の、ロッジ風な寛ぎスペースに驚嘆です!!



頂いたのは
■アイスコーヒーと苺のシフォンケーキ セットで800円

こちらでは数種類の手作りスイーツと、コーヒー・紅茶等のドリンクが中心で
ランチなどの食べ物はやっておられないようです。






ケーキに舌鼓を打っていると、
デッキスペースに何やら、チラチラと動く影が。。。何者!?

なんとそれは、ツルバラの先に刺さったスライスオレンジを求めて
数羽のメジロ達がアッチコッチ飛び回っていたのでした!!
なんて可愛らしく、品のある美しい光景だろう。

地元星ヶ丘では、生ゴミを突っつき回してるカラスをよく見かけますが
アレとは月とスッポン。同じ鳥でも品格が違いますねぇ(笑



お店のオーナーさんもとても優しい方でして
私も休日の午後、優しい時間を過ごすことができました。

豊田猿投方面へおでかけの折には
まさに隠れ家と言うに相応しい「優しい時間」さんでお茶されてみてはいかがでしょうか。








豊田市四郷町天道45-212
0565-45-1196
10:00-17:00
月曜定休、第2・3火曜休み




より大きな地図で Hoshigaoka Walker 散歩&食べもの探訪map を表示





たんころりんを散策した後は、近くにある洋食屋「参州楼」さんへやってきました。
こちらは足助の生涯学習センターの横にあり、
わかり易い場所なので利用された方も多いんじゃないでしょうか?

大きめの駐車場が店の裏にあるので、よく食事に伺うお店なんです。
この日は営業時間を延ばしていたようで、遅い時間でしたが食事にありつけました。

では入店してみましょう~。


豊田市足助町蔵ノ前16
0565-62-1253
10:00~19:00(LO.18:30)
月曜定休(祝日の場合は翌日)
参州楼さんのHP→




より大きな地図で Hoshigaoka Walker 散歩&食べもの探訪map を表示





続きを読む >>


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ご近所ツイート

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Facebook

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR