本日は送り火の日で、お盆も終わりですね。

ご先祖さまや故人の魂があの世に帰っていかれます。

 

さて、本日の怪談話は

〆にふさわしい千手観音のありがたいお話です。

30分程のちょっと長い怪談ですが、じっくり聴いてみてください。

 

要約すると、話手の元に入って来た別々のストーリーが

実は同じお寺の観音様に縁があったという不思議な話です。

それにしても人間でも幽霊でもストーカーは性質が悪いですねぇ。

 

話の中のお寺は、たぶん和歌山の道成寺じゃないかなと思います。

安珍・清姫の話の舞台となったお寺ですね。

ストーカーとなった清姫に追い掛け回されるというやつです。

 

実は以前に能の「道成寺」を観たことがありまして

このお寺に非常に興味があるんですけど、紀伊半島の南西にあるんですね。

名古屋からだと大阪経由でも三重周りでもすごい時間がかかる…

でもいつか行ってみたいな。

 

 

今年の怪談セレクトはいかがでしたでしょうか

次回から通常ブログに戻ります〜^^)

 

 

今日は終戦記念日でしたので、こちらの怖い動画を。

こういうこともあるんでしょうか?

蜃気楼のようにユラユラと現れたり消えたりするのがリアルですね。

最近の、映っちゃたフェイク映像グランプリとは一線を画します。

 

お経をあげているお坊さんは、

当時のテレビによくでてた日蓮宗の青木慈雲さんかな?

彼は宗教家というか、ビジネスの匂いもして好きじゃないけど。

解説してる女性は、霊能力者の三由デコさん。

テレビのチカラとかにでてましたね、懐かしい。

 

沖縄だけでなく、

東南アジアには沢山の日本兵の霊が彷徨っているのでしょうか。

お国のためとはいえ、突然の赤紙一枚で戦地へ赴き、

知らない人と戦って知らない土地で亡くなる…本当に悲しいことですね。

 

 

 

芸能人って心霊体験する方が結構いるみたいですね。

もともと勘が鋭いのか、あちこち移動してホテル泊まりするからなのか。。

 

私が子供の頃に聞いた

長与千種さんの心霊体験はかなり興味深く印象に残っています。

 

 

 

 

夜中にふと目が覚めると

天井いっぱいに落ち武者の顔が現れてたとかいう話も聞いたことがありますが

一般的に、大きな顔で現れる幽霊はかなりヤバイらしいですね。

相当の恨み辛みを持って亡くなっているんだとか。

 

今回のケースのように

同じ場所で同時に複数の人が目撃するってのは稀で

それだけ強烈ってことなんでしょう。

 

 

余談ですが

動画の5分20秒くらいに人の影がドアの中に消えていくシーンがあります。

私が見た幽霊もこんな感じでした。

それはもっと真っ黒でハッキリとしてました。。

幽霊が入っていった部屋に自分のカバンが置いてあったので、

1人で真っ暗な部屋に入っていくのは本当に怖かったです…

 

手探りで電気をつけて、

「そこにいるんでしょ?!いるのは分かってますよ〜」

なんて大声あげて、速攻で逃げ帰りましたね(笑

 

 

今日はお盆の入りですので

みどりが丘の霊園までお墓参りしてきました。

 

お盆の風習は地域によってまちまちですが

墓前で提灯に灯をともし、故人の霊を家まで連れてきたり

玄関で、かわらけに松明を焚いて故人を迎えたりします。

16日の送り火まで故人や御先祖様が家の中にいますから

胡瓜や茄子で作った牛馬や霊供膳などを精霊棚に供えます。

 

と言っても忙しい時は

スーパーで買ってきた惣菜で済ませちゃってますけどね^^;

 

さて本日の怪談話は

神様と仏様とを混同すると、えらい目に合うという怖い話です。

 

 

 

 

いくら若い人でも、

神棚と仏壇の区別くらいはつくんじゃないかと思うけど(笑

 

でもね、

今年の初詣に行った大須観音での出来事なのですが

私の目の前にいた女子グループが参拝の順番になって

皆で一斉にパンっパンっと柏手を打っちゃいましてね(笑

いやいや、ここお寺ですよと周囲は苦笑い^^;

さすが読経してた住職は微動だにしてませんでしたが、

その時はとても歯がゆい気持ちになりました…

 

 

 

 

皆さんの家には神棚ってありますか?

商売されている方は、会社やお店に祀られているかもしれないですね。

でも神様をお祀りするには決まり事が結構あるんですよね。

 

我が家の話になりますが

日ごろ信仰心のない父親が、正月に城山八幡宮で大麻をいただいてきたのをきっかけに

神棚を買ってきてお祀りし始めたことがありました。

大麻と言っても、アッチの大麻じゃないですからね(笑

 

父の性格でちゃんと神様を迎え入れられるのか不安でしたが

案の定、手を合わせてたのは春先まで。

次第に手を抜くようになって

朔日になっても榊やお神酒を供えなくなり…掃除もしなくなり…

そうなると自然に私がお世話するしかなくなるじゃないですか!

 

仏壇だけでも大変なのに冗談じゃない!

そんな中途半端な三日坊主は神様を祀んな!!

こんこんと説教しまして、大麻は神社にお返ししました(笑

 

大抵の神様はそういう神棚からいなくなるものですが

代わって違うものが入ってきたりしますからね。。

特に商売でお稲荷さんを祀っている方は、キチンと祀らないと本当に怖いですよ。。

 

 

 

 

星が丘の周辺には

霊園が広がる平和公園や東山公園など、森林地帯が結構あります。

山の中にはハイキングコースのように開けた道もありますが

近所の人でもめったに通らないような狭い山道もあるんですよね。

その中には、勘が鋭い人はちょっと遠慮したいエリアなんかがあったりします。

 

その昔、土曜の夜ともなると暴走族がヘアピンカーブで無茶してましたからね、

そんなに霊感のない私でも

真っ暗な道を通ってて、ふと事故や事件のことを思い出したりすると

背中がゾクっとしたり。。

 

数年前に全国区で流れたニュースの現場も

その以前から嫌がる人は嫌がる場所だったんですよね。

お地蔵さん?小さな祠がありますが、昔に何かあったんでしょうか?

まぁ、私は学生時代に大学の帰りに普通に通ってたりしたけど(笑

 

でも↓の動画の最初のストーリーみたいに

山道で得体のしれないモノとすれ違うのは絶対嫌です@@)

 

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ご近所ツイート

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Facebook

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR